RSSフィード
よくある質問 : 全般
     
CS-Cartは LINUX / FREEBSD / REDHAT といったUNIX系OSで動作します。 ※)Windows系サーバー上での動作は保証いたしかねますのでご注意ください。
CS-Cartは高機能ECサイト構築パッケージです。 ECサイトには ・楽天、Yahooのようなモール型 ・MakeShop、おちゃのこネットのような ASP型 ・EC-Cube、EC-Beingのようにサーバーにソフトウェアをインストールして利用するサーバーインストール型 などがありますが、CS-Cartはサーバーインストール型のECパッケージであり、LAMP(Linux / Apache / MySQL / PHP)環境で動作します。 ※)動作環境の詳細はコチラ [1]をご覧ください。 ...
以下の主要Webブラウザ上で動作します。 ・Internet Explorer 7 以上 ・Mozilla Firefox 3.0 以上 ・Apple Safari 3.X ・Google Chrome
はい。可能です。 CS-Cartのほとんどのソースコードは暗号化されていませんので、自由に修正することができます。 ただし、ソースコードの修正はお客様ごご自身の責任のもとに実施してください。 お客様もしくはサードパーティによるカスタマイズに起因する不具合について、cs-cart.comおよびcs-cart.jpは一切の責任を負いかねます。 ※ cs-cart.jpではCS-Cartのカスタマイズも承ります。ご希望の場合はこちら [1]より問い合わせください。 Links: ------ [1] htt...
CS-Cartのライセンスは買い切り型です。1度購入すれば利用期間の制限はありません。 ただし、新しいバージョンへのアップグレードは購入から1年間は無料、その後は1年ごとに有償での更新となります。 詳しくはアップグレードポリシー [1]をご確認ください。 Links: ------ [1] http://www.cs-cart.jp/upgrade-policy.html
いいえ。CS-CARTは自由に再頒布可能ないわゆる「オープンソース」ではありません。 CS-Cartのソースコードは暗号化されていないため、ライセンス購入者は自由に編集することができます。 ただし、ソースコードをCS-CART.COMおよびCS-CART.JPに無断で再頒布することはできません。 ご注意ください。
少なくとも年に2~3回はアップデートされます。 ※)アップグレードの内容などについてはコチラ [1]のページをご覧ください。 Links: ------ [1] http://blog.cs-cart.jp/
はい。 CS-Cartでは「SEO」アドオンを利用することにより、検索エンジンフレンドリーな静的URLを生成します。 また、ページ毎にメタタグ情報を設定できます。 詳細は以下のオンラインマニュアルをご覧ください。 【SEOアドオン [1]】 Links: ------ [1] http://manual.cs-cart.jp/settings/addons-manage/seo
既存のウェブサイトに統合することも、CS-Cart単体で構築することもできます。 既存のウェブサイトへの統合は、 (1) CS-Cartのスキンを既存サイトにあわせてデザインする (2) CS-Cartへのリンク(例:www.your-shop.com/shop/)を既存サイトに設置する ことにより可能です。
サブディレクトリにインストールしたCS-CartでSEOアドオンを使用する際には、 .HTACCESS内の \"REWRITEBASE\" を書き換える必要があります。 例) CS-Cartを導入したURLが _http://www.yourcompany.com/store/cart_ の場合、 _REWRITEBASE /STORE/CART_ と編集します。
CS-Cart日本語版をインストールすると標準で設定される「お問い合わせフォーム」は、管理者用パネルの _管理画面 > ウェブサイト > コンテンツ > ページ一覧より__「お問い合わせ」ページの「編集」リンク_ をクリックして、フォームビルダータブをクリックするとカスタマイズできます。 また、新規フォームの作成方法については以下のオンラインマニュアルをご覧ください。 【フォームビルダー [1]】 Links: ------ [1] http://manual.cs-cart.jp...
はい。管理者用パネルにおいてショップを一時的にクローズできます。 また、一時閉鎖中もアクセスキーを使用することにより管理者はショップにアクセスできます。 詳細は以下のオンラインマニュアルをご覧ください。 【基本設定:全般 [1]】 Links: ------ [1] http://manual.cs-cart.jp/?page_id=838
はい。「サプライヤー」アドオンによりドロップシッピング(在庫を自社で保有せずに商品を販売すること)が可能です。 受注時にその商品のメーカーや卸売り業者に自動で商品の発送依頼が送信されます。 また、送料はメーカーや卸売り業者が実際に商品を発送する地点から算出されます。 サプライヤー機能の詳細は以下のオンラインマニュアルをご覧ください。 【サプライヤー [1]】 Links: ------ [1] http://manual.cs-cart.jp/?page_id=1853
はい。管理者用パネルにおいて販売レポートの分析やGoogle Analyticsの設定が簡単に行えます。 ※)CS-Cart標準のアクセス解析を行う「統計データ」アドオンは大量のデータを保存するため バージョン2.2系より使用を非推奨とさせていただいております。 詳細は以下のオンラインマニュアルをご覧ください。 【販売レポート [1]】 【Google Analytics [2]】 Links: ------ [1] http://manual.cs-cart.jp/?page...
登録可能な商品数や商品オプション、カテゴリー数に制限はありません。 ただし、CS-Cartが快適に動作する商品数はおおよそ10,000点前後となります。 ※)CS-Cartの動作速度については設置するサーバースペックにより異なる場合がございます。
cs-cart.jpより提供されるサポートは、Eメールによる対応のみとなります。 以下のページよりお問い合わせくださいませ。 【お問い合わせフォーム [1]】 ※)CS-Cartフリー版については無償サポートを行っておりません。 各種設定方法やカスタマイズ方法については以下のユーザーズフォーラムやオンラインドキュメントをご覧ください。 【ユーザーズフォーラム [2]】 【開発者向けドキュメント [3]】 弊社によるサポートが必要な場合はサポートチケットをご購入ください...